<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

美術館巡り〜ベルギー王立美術館展〜

またまた御無沙汰してしまいました。

11月4日 上野の西洋美術館へ「ベルギー王立美術館」へ行ってきました。
日本初上陸のピーテル・ブリューゲル[父](?)の「イカロスの墜落」

♪昔ギリシャのイカロスは〜 ロウで固めた鳥の羽根両手にもって飛び立った〜

この歌のモデルになった絵なのでしょうか?それとも逆?
絵画の右下、逆さになって足だけ出ている(まるでスケキヨさん)人がきっとイカロスなんでしょう。
リアルな内容の絵画に心打たれました。

ヤン・フェイトの「鶏と七面鳥」これは、ニワトリと七面鳥が戦ってる絵なんですが、一目見て「寸ゲェ〜」と目を見開いてしまいました。
鳥の羽根の表現の仕方、目のあの凄まじい形相は、本当にリアルでギョッとなるくらいでした。

ルネ・マグリッドの「光の帝国」は、学校の美術の教科書によく載っています。
生の絵画が見れて感動!

そして、一緒に行った友達が惚れてしまった絵画
ルイ・ガレの「芸術と自由」
d0001866_019480.jpg
ヴァイオリンを持った青年、しかし持っているが引いてない、ちょっとボロっとした茶色い服をまとってたたずんでいる。
青年の顔がめっちゃカコイイいんです!外国の俳優さんみたいな顔してて
全部見終わった後、また戻って見に行ってしまった一品

もっと深層心理をついた感想をかければよいのですが、なにせ難しい言葉がみつからなくて
簡単な一言しかかけてなくて、意味不明だったらゴメンナサイ。

でも、凄くジックリ見れる作品ばかりで時間をかけて見てしまいました。

秋も深まりつつある今日この頃、美術館巡りもいいですよね

実は今日、渋谷の文化村へ「エッシャー展」を見に行ってきました。
明日は、エッシャー展について書いてみたいと思います。
[PR]
by noranyanch | 2006-11-20 00:25